生え際にはDHT対策と毛乳頭の活性化が重要

生え際の改善策

生え際は脱毛を促進するDHTの活動がもっとも活発な場所と言われています。そのため、生え際の後退を防ぎ、生え際の育毛をするにはDHT対策がとても重要です。ただ、DHT対策をして、生え際の後退は停止したとしても髪が生えてこなければ改善しません。そのため、髪を育毛する毛乳頭の活動を活発化する育毛剤も併用して生え際の対策をすべきです。


生え際を改善するポイント

DHT対策をして髪の脱毛を抑制する
髪を育毛する毛乳頭を活性化する

生え際の改善する2つのポイント

1.5αリダクターゼを阻害してDHT生成を抑制する

DHTは5αリダクターゼとテストステロンが結合してDHTが生成されます。そのため、5αリダクターゼを阻害してしまえばテストステロンと結合できず、DHTが生成されなくなります。そこで、5αリダクターゼを阻害する成分を配合したBUBKA(ブブカ)をおすすめします。BUBKA(ブブカ)に配合されている「オウゴンエキス」が5αリダクターゼを阻害して77%ものDHT生成を抑制しました。他にもリアルラゾンやアロエ育毛液に5αリダクターゼを阻害する成分が配合されていますが、どの程度のDHT生成を阻害したか記述されていないので、BUBKA(ブブカ)をおすすめします。

2.毛乳頭の活動を活発化させる

生え際に関わらず太く強い髪が育毛できなければ前進しません。そこで、髪を生産する毛乳頭の活動を活発化する事で生え際が育毛できる環境を整える必要があります。そこで、おすすめなのが、薬用ポリピュアEXです。薬用ポリピュアEXは毛乳頭に発毛命令を届ける情報たんぱく質を安定化させる長鎖分割ポリリン酸と言う成分が配合されています。この成分により、毛乳頭に発毛命令が届き、毛乳頭の活動が活発化します。その結果、髪の育毛を積極的に行いますので生え際の育毛に効果を発揮します。そのため、薬用ポリピュアEXをおすすめします。